着物を初めて着た成人式の時の思い出

初めて私が着物を着たのは20才の成人式の日でした。

 

肝心の成人式のことは覚えていないのに着物に袖を通した瞬間のことははっきり覚えています。

 

着物は淡いオレンジ色の布地に青や赤、白などの花がちらしてあり可愛らしいイメージでした。

 

朝早く5時に起きてまだ薄暗いうちにサロンに到着しました。髪を結ってもらい着物に合わせて淡いオレンジ系の色でメイクをしてもらった後着付けが始まりました。

 

サロンには私の他にも成人式を迎える人たちがたくさんいて着付けをしてもらっていました。

 

肌襦袢や長襦袢に始まり半衿など着なれない着物の着付けに緊張も混ざってドキドキしていました。

 

担当の人は手際よくさっさっと私に着付けをしていきます。着物の下着を着おえるとオレンジ色の着物に腕を通し帯をつけていきます。

 

長い金色の帯を手際よく後ろでリボンのように重ねて付けていくのはまるで手品のようでした。

 

着付けが終わって鏡の前に立ち自分の姿をのぞいてみました。

 

メイクをしてもらい華やかな着物を着た私はまるで別人のようで照れくさいような嬉しいような複雑な気持ちだったのを覚えています。私の成人式の着物の思い出でした。

 

 

身も心も美しくしてくれる服

結婚式やパーティーに参加する際皆さんは何を着られますか?
ワンピースを選ぶ方が多いかとは思いますが私はいつも着物を着ます。

 

私は奥二重の薄い顔でドレス+盛り髪がとても似合わなくてコンプレックスだったんです。

 

ところが着物はそんな私の薄い顔もどことなく品がある慎ましやかな雰囲気に見せてくれます笑
せっかくの晴れの場ですから自分に自信をもって参加したいですよね。

 

 

とはいえ着物はお手入れが大変そうだし
かと言って毎回レンタルすると高くつきそう…と思われている方もいるかもしれません。

 

実は洗える着物も存在するのです。

 

素材や柄もカジュアルなものが多く特別なイベントの時だけでなく
普段着として気軽に着物を楽しむこともできるのです。

 

いつもの街も着物を着て歩けば新鮮に感じられることでしょう。

 

着物デビューをするのであれば夏以外をお勧めします。

 

やはり洋服と比べると暑さを感じてしまうのは事実です。

 

着物を着て桜並木や紅葉を眺める楽しみを皆さんも実感してみませんか?

 

 

 

 

現代の着物

近年では着物を着る、というのは、何か特別な日だから着る、という感覚の人が多いと思います。

 

着物ブームが持て囃されたりもしていますが、まだまだ敷居の高い印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

 

ネックになっているのは、まずは着付け。

 

着付け教室もよく開かれているようですが、そのほとんどが平日であったり、時間の都合が良くとも、何となく””いつか””という先延ばしの理想止まり。

 

そしてもう一つが、ひとくちに着物と言っても、長襦袢や帯揚げ、帯締め、足袋など、何を準備して着付け教室に行けばいいのかも、分からない人が多いのでは。

 

そしてその着物や道具一式自体も高価で管理が大変。桐の箪笥に必ず入れなきゃダメ?など、着付けを習い始めようと思ったら、数々の疑問が立ちはだかります。

 

しかし、着付け教室も街角の着物屋さんで手頃なお値段で開かれていたり、中古の着物が安く手に入るお店も近頃は増えているようです。

 

そして柄もモダンで、何とウォッシャブル。さらには値段も2-3万円とお手頃価格な着物も増えてきています。若者の着物初心者向けの雑誌も出ていたりするので、予めそういった本で着物の勉強をしてから着付け教室に行けば、不安も半減するはず。

 

着物は、私たちの生活にどんどん歩み寄って来てくれています。あとは私たちの方から、もう一歩勇気を出して近づけば、現代の着物の世界がそこに広く広がっているかもしれません。

 

 

着物の魅力に目覚めました

同窓会で再会した友人の素敵な着物姿に触発された私は
42歳にして着物デビューを果たしました。

 

とりあえず近所の着付け教室の無料体験から始めたのですが、
着物の魅力にすっかりはまりまして、4年かけて師範の看板取得に
至りました。

 

 

まず魅せれたのは、着物独特の色彩や柄の美しさです。
洋服では選ばない大胆な色柄から趣のある無地の色合いまで
多種多様です。

 

帯を選び、帯締め、帯揚げ、半衿といった小物合わせまで
コーディネートを考える楽しみもあります。

 

 

覚えてしまえば簡単なのですが、着物の着付けは洋服と違い、
少し手間はかかります。着物の格によっては髪型も考えないと
いけないかもしれません。

 

でも時間をかけておしゃれする甲斐が着物にはあります。

 

レストランに食事に行ってもいつもより大切に扱ってもらい
嬉しいです。所作も自然に美しくなりますよ。

 

日本女性を間違いなく美しく見せてくれるのが着物だと思います。

 

 

 

 

着物ライフはじめませんか?

街を歩いていて着物姿の女性にハッと振り向くことはありませんか?

 

街中に限らず、観光地や名刹でも着物姿は目を引きますよね。

 

近ごろは、観光地でのレンタル着物も取扱いが多く、和服での街歩きのきっかけは其処からという人も多いです。

 

一度着物にハマると楽しくて、一緒に着る仲間も増え、どんどん着物の面白さに引き込まれていきます。

 

昔は着物といえば正絹の高価なものばかりがクローズアップされて、簡単に何着も誂えたり出来なかったのですが、現代では和装の楽しみ方も様々です。

 

素材も正絹に限らず、ポリエステルの洗える着物などもあり、お手入れも簡単で扱いやすくなりました。

 

また、フォーマルなシーンに着るような着物ではなくて、木綿やウールといった普段着の着物が和装ビギナーにとっては取っつきやすいかと思います。

 

ちょっとしたお出掛けやイベントなどの服装選びに、ワンピースを選ぶのと同じ感覚で着物を着る人が増えると楽しいですね。

 

リサイクル着物を上手に選んで、トータルコーディネートでも数千円で楽しめることもあります。

 

ぜひ貴女も着物ライフを始めてみませんか。

 

着物についてのあれこれ

着物とは、もちろん日本独自の衣装のことをいいます。

 

「和服」とも言いますね。元々は名前のとおり「着る物」という意味でつけられていましたが、海外から「洋服」が登場してからはこれに対して「和服」という言葉が生まれ、「着物」という語としても置き換えられていきました。

 

特徴としては洋服は体を包むタイプですが、和服・着物は布を体にかけてから着るタイプに分類され、長着を体にかけてから帯を結んで身につけます。

 

着物の魅力と言えば、やはり日本独自の衣装と言うことが最大のポイントでしょう。

 

海外の方も日本古来からの衣服ということで着物を好んでいるから方も多いでしょう。

 

現在では着物を日常的に着ている日本人は少ないかもしれませんが、特定の日などで着ることで着物の良さを再確認できるのではないでしょうか。

 

たまに、街などで着物を着ている人を見かけると「いいな」と思うことがありませんか?

 

お祭りなどの際に着ることがある「浴衣」も着物の一種ですが、浴衣も風情があっていいですよね?

 

 

おばあちゃんの着物

昭和一桁生まれの祖母は、着物が好きな人でした。

 

普段は洋服を着ていましたが、ちょっとしたお出かけの際には、自分で着物にさっと着替えてでかけていました。
きれいな着物に着替えて、背筋をピンとさせた祖母の姿が好きでした。

 

呉服屋さんも時々家にきて、反物から着物を選んでいました。

 

祖母のタンスの中には、きれいな着物や帯が並んで収められており、小さかった私も時々身にまとって遊んでいました。

 

祖母が亡くなったあと、それらの着物は形見分けとして、方々の親戚の手に渡りましたが、今でも数着は実家のタンスの中にしまわれています。

 

残念ながら、着物にまったく興味のない母は袖を通すことがありません。
そろそろ祖母の着物が着れる年になってきた私。

 

でも、着物には興味があるものの、浴衣すらまともに着れません。
来年こそは着付けを習いにいって、着物がきれる大人の女になりたいです。

 

せっかくのおばあちゃんの着物。
タンスの肥やしのままではもったいないですから。

 

 

着物について思った事

わたしは、20代の女性です。着物に興味があったので、友達と新宿で無料で着付けを教えてくれる着付け講座に参加しました。

 

この講座は、10回ありました。なぜ、着物に興味を持ったかといくと、海外にいくことがあるからです。外国にいくと、日本人としてできること、わかることを教えてほしいとリクエストがあったりするのです。

 

高校生のとき、短期留学で簡単に着物とまでいきませんが浴衣を着ただけで外国人にとって、新鮮に感じられるみたいです。

 

だから、昔からある着物を自分で着れるようになりたいと思ったのです。

 

成人式の時も、晴れやかな着物をきた気分はとてもうれしかったです。

 

まるで、別人になったようです。着物は、回りいる人を引き付ける力があります。

 

何も言わなくても、説得力のある服です。しかし、実際着物の着付けを習うと、着物を着こなすまでに時間がかかります。30分で着付けが完成すればいいほうです。

 

着るまでにこんなに時間や自分の手先の器用さを必要とするものだからこそ、魅力があるのかもしれません。

 

 

 

着物の存在感

わたしは、20代の独身女性です。

 

友達と新宿にある無料の着付け教室に通っています。10回の実技の講習会です。

 

なぜ、着物の着付け講習会に参加しようかと思ったきっかけは、わたしは学生の頃から海外に興味があり、ホームステイをしたり、海外旅行に行ったりしていました。

 

数か国を訪れていて思ったことは、外国では日本の伝統のものに興味があることがわかったのです。ただ、あこがれだけで海外にいっても何もなりません。

 

外国で浴衣や着物をきたときにのおどろきの反応にびっくりしました。

 

その当時、わたしは、着付けができないので浴衣だけきただけですが、着物が自分で着れたら素敵だなと思ったのです。その経験があったので、今回参加して自分で着つけができるようになりたかったのです。

 

しかし、着物をきるのは大変なことだと思いました。洋服のように簡単にはいきません。

 

手先に器用さも大事です。練習して練習して、やっと30分で着れるようになりました。

 

着物を着ると、心がシャキッとなり別人になる自分がすきです。着物の華やかさは世界で通用する存在感があります。

 

 

普段目にする事が少ない地域での着物

着物などは特別な日などに目にする機会しかありません。

 

地域的な事もありますが目にすると断然華やかで見ごたえある衣装です。

 

生活感がある街ほど着物を目にする機会が少なく、お正月や成人式などですれ違う時など目を奪われます。

 

その存在感は失礼ではありますがその人をより美しく見せる事が出来る最高のアイテムになるのです。

 

引き締まった鮮やかな生地は上品であり気品が漂うものです。

 

普段着なれない人ほど着つけは大変でありトイレなども不便ですがより美しく魅了できる日本の着物は世界的にも誇れるものです。

 

日本人でも住んでいる所次第では着物姿を見る機会が少ない事もありそれだけ目にするとうれしく思います。

 

結婚式や祝い事などの正装と言えば着物が一般的でしたがいつしかドレスが主流になり着物を着る女性も少なくなりましたが今の時代でも充分華やかでより新鮮に見える着物はとても晴れやかな気分になるのです。

 

着物文化のある日本はとても素敵なものです。

 

 

 

お呼ばれの衣装、迷ったらお着物

友人の結婚式に招待された時のことです。

 

私は何を着て行こうか迷っていました。

 

ワンピースを新調するのにもかなりお値段もかかりますし、好ましい丈感があったり着こなしにもマナーがあることも知りました。

 

どこまでが良くて何がいけないのか非常に悩みました。

 

そんな時、着物のレンタルがあることを思い出し調べました。

 

ワンピース一式や当日のヘアセットなどを含めても、レンタルが安いことを知り着物で出席することにしました。成人式などとは違いかなりお手頃でした。

 

当日は少し早めの時間から準備をしなくてはいけませんが、やはりきちんとした品のある装いになります。自然と所作や仕草も手先や足先まで気をつけるのでお行儀よく過ごせました。

 

また、友人のご両親から”お着物で来てくれてありがとう”と言われました。

 

ご年配の方はやはりお着物が喜ばれるのでしょうか。

 

そして後日、友人からも”新婦側の席が華やかになって嬉しかった”と言ってもらえました。

 

着物には日本人ならではの美が詰まっています。

 

デザインはもちろんですが、その品と自然と出る所作や仕草も美しくしてくれました。

 

染より織が好き

染のきものより、織のきもののほうが、なんだか好きだなあって思っています。

 

染のきもの、というのは、たとえば、振袖のようなきものの柄付けのきものです。

 

職人さんが、織り上がった生地に絵を付けていく、といったらわかりやすいでしょうか。

 

織のきもの、というのは、紬のきもののように、染めた糸で織り上げていくタイプのきものです。

 

なんとなく、の個人的な感覚なんですが、染のきものより織のきもののほうが、かっこいいというか、歳を取っても気に入った一着をずっと飽きずに着ていられるような味わいがあるような気がして。

 

染のきものは、飽きがきてしまいそうに思います。

 

私は、どうも、年配の方が落ち着いて着ているような渋いものが好みみたい、と最近自覚してきました。

 

高くて買えないけれど、前にきもの好きの年上の知り合いの人に教えてもらった「結城紬」というのが、色も渋くてとても格好よくて…いつか、もしお財布に余裕ができたら一着買えたらいいなと思っているんです。