おばあちゃんの着物

昭和一桁生まれの祖母は、着物が好きな人でした。

 

普段は洋服を着ていましたが、ちょっとしたお出かけの際には、自分で着物にさっと着替えてでかけていました。
きれいな着物に着替えて、背筋をピンとさせた祖母の姿が好きでした。

 

呉服屋さんも時々家にきて、反物から着物を選んでいました。

 

祖母のタンスの中には、きれいな着物や帯が並んで収められており、小さかった私も時々身にまとって遊んでいました。

 

祖母が亡くなったあと、それらの着物は形見分けとして、方々の親戚の手に渡りましたが、今でも数着は実家のタンスの中にしまわれています。

 

残念ながら、着物にまったく興味のない母は袖を通すことがありません。
そろそろ祖母の着物が着れる年になってきた私。

 

でも、着物には興味があるものの、浴衣すらまともに着れません。
来年こそは着付けを習いにいって、着物がきれる大人の女になりたいです。

 

せっかくのおばあちゃんの着物。
タンスの肥やしのままではもったいないですから。

 

 

着物について思った事

わたしは、20代の女性です。着物に興味があったので、友達と新宿で無料で着付けを教えてくれる着付け講座に参加しました。

 

この講座は、10回ありました。なぜ、着物に興味を持ったかといくと、海外にいくことがあるからです。外国にいくと、日本人としてできること、わかることを教えてほしいとリクエストがあったりするのです。

 

高校生のとき、短期留学で簡単に着物とまでいきませんが浴衣を着ただけで外国人にとって、新鮮に感じられるみたいです。

 

だから、昔からある着物を自分で着れるようになりたいと思ったのです。

 

成人式の時も、晴れやかな着物をきた気分はとてもうれしかったです。

 

まるで、別人になったようです。着物は、回りいる人を引き付ける力があります。

 

何も言わなくても、説得力のある服です。しかし、実際着物の着付けを習うと、着物を着こなすまでに時間がかかります。30分で着付けが完成すればいいほうです。

 

着るまでにこんなに時間や自分の手先の器用さを必要とするものだからこそ、魅力があるのかもしれません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です