お呼ばれの衣装、迷ったらお着物

友人の結婚式に招待された時のことです。

 

私は何を着て行こうか迷っていました。

 

ワンピースを新調するのにもかなりお値段もかかりますし、好ましい丈感があったり着こなしにもマナーがあることも知りました。

 

どこまでが良くて何がいけないのか非常に悩みました。

 

そんな時、着物のレンタルがあることを思い出し調べました。

 

ワンピース一式や当日のヘアセットなどを含めても、レンタルが安いことを知り着物で出席することにしました。成人式などとは違いかなりお手頃でした。

 

当日は少し早めの時間から準備をしなくてはいけませんが、やはりきちんとした品のある装いになります。自然と所作や仕草も手先や足先まで気をつけるのでお行儀よく過ごせました。

 

また、友人のご両親から”お着物で来てくれてありがとう”と言われました。

 

ご年配の方はやはりお着物が喜ばれるのでしょうか。

 

そして後日、友人からも”新婦側の席が華やかになって嬉しかった”と言ってもらえました。

 

着物には日本人ならではの美が詰まっています。

 

デザインはもちろんですが、その品と自然と出る所作や仕草も美しくしてくれました。

 

染より織が好き

染のきものより、織のきもののほうが、なんだか好きだなあって思っています。

 

染のきもの、というのは、たとえば、振袖のようなきものの柄付けのきものです。

 

職人さんが、織り上がった生地に絵を付けていく、といったらわかりやすいでしょうか。

 

織のきもの、というのは、紬のきもののように、染めた糸で織り上げていくタイプのきものです。

 

なんとなく、の個人的な感覚なんですが、染のきものより織のきもののほうが、かっこいいというか、歳を取っても気に入った一着をずっと飽きずに着ていられるような味わいがあるような気がして。

 

染のきものは、飽きがきてしまいそうに思います。

 

私は、どうも、年配の方が落ち着いて着ているような渋いものが好みみたい、と最近自覚してきました。

 

高くて買えないけれど、前にきもの好きの年上の知り合いの人に教えてもらった「結城紬」というのが、色も渋くてとても格好よくて…いつか、もしお財布に余裕ができたら一着買えたらいいなと思っているんです。