着物ライフはじめませんか?

街を歩いていて着物姿の女性にハッと振り向くことはありませんか?

 

街中に限らず、観光地や名刹でも着物姿は目を引きますよね。

 

近ごろは、観光地でのレンタル着物も取扱いが多く、和服での街歩きのきっかけは其処からという人も多いです。

 

一度着物にハマると楽しくて、一緒に着る仲間も増え、どんどん着物の面白さに引き込まれていきます。

 

昔は着物といえば正絹の高価なものばかりがクローズアップされて、簡単に何着も誂えたり出来なかったのですが、現代では和装の楽しみ方も様々です。

 

素材も正絹に限らず、ポリエステルの洗える着物などもあり、お手入れも簡単で扱いやすくなりました。

 

また、フォーマルなシーンに着るような着物ではなくて、木綿やウールといった普段着の着物が和装ビギナーにとっては取っつきやすいかと思います。

 

ちょっとしたお出掛けやイベントなどの服装選びに、ワンピースを選ぶのと同じ感覚で着物を着る人が増えると楽しいですね。

 

リサイクル着物を上手に選んで、トータルコーディネートでも数千円で楽しめることもあります。

 

ぜひ貴女も着物ライフを始めてみませんか。

 

着物についてのあれこれ

着物とは、もちろん日本独自の衣装のことをいいます。

 

「和服」とも言いますね。元々は名前のとおり「着る物」という意味でつけられていましたが、海外から「洋服」が登場してからはこれに対して「和服」という言葉が生まれ、「着物」という語としても置き換えられていきました。

 

特徴としては洋服は体を包むタイプですが、和服・着物は布を体にかけてから着るタイプに分類され、長着を体にかけてから帯を結んで身につけます。

 

着物の魅力と言えば、やはり日本独自の衣装と言うことが最大のポイントでしょう。

 

海外の方も日本古来からの衣服ということで着物を好んでいるから方も多いでしょう。

 

現在では着物を日常的に着ている日本人は少ないかもしれませんが、特定の日などで着ることで着物の良さを再確認できるのではないでしょうか。

 

たまに、街などで着物を着ている人を見かけると「いいな」と思うことがありませんか?

 

お祭りなどの際に着ることがある「浴衣」も着物の一種ですが、浴衣も風情があっていいですよね?

 

 

お呼ばれの衣装、迷ったらお着物

友人の結婚式に招待された時のことです。

 

私は何を着て行こうか迷っていました。

 

ワンピースを新調するのにもかなりお値段もかかりますし、好ましい丈感があったり着こなしにもマナーがあることも知りました。

 

どこまでが良くて何がいけないのか非常に悩みました。

 

そんな時、着物のレンタルがあることを思い出し調べました。

 

ワンピース一式や当日のヘアセットなどを含めても、レンタルが安いことを知り着物で出席することにしました。成人式などとは違いかなりお手頃でした。

 

当日は少し早めの時間から準備をしなくてはいけませんが、やはりきちんとした品のある装いになります。自然と所作や仕草も手先や足先まで気をつけるのでお行儀よく過ごせました。

 

また、友人のご両親から”お着物で来てくれてありがとう”と言われました。

 

ご年配の方はやはりお着物が喜ばれるのでしょうか。

 

そして後日、友人からも”新婦側の席が華やかになって嬉しかった”と言ってもらえました。

 

着物には日本人ならではの美が詰まっています。

 

デザインはもちろんですが、その品と自然と出る所作や仕草も美しくしてくれました。

 

染より織が好き

染のきものより、織のきもののほうが、なんだか好きだなあって思っています。

 

染のきもの、というのは、たとえば、振袖のようなきものの柄付けのきものです。

 

職人さんが、織り上がった生地に絵を付けていく、といったらわかりやすいでしょうか。

 

織のきもの、というのは、紬のきもののように、染めた糸で織り上げていくタイプのきものです。

 

なんとなく、の個人的な感覚なんですが、染のきものより織のきもののほうが、かっこいいというか、歳を取っても気に入った一着をずっと飽きずに着ていられるような味わいがあるような気がして。

 

染のきものは、飽きがきてしまいそうに思います。

 

私は、どうも、年配の方が落ち着いて着ているような渋いものが好みみたい、と最近自覚してきました。

 

高くて買えないけれど、前にきもの好きの年上の知り合いの人に教えてもらった「結城紬」というのが、色も渋くてとても格好よくて…いつか、もしお財布に余裕ができたら一着買えたらいいなと思っているんです。